余った卵白を使い切る方法は?節約レシピ【ラングドシャ】失敗の原因と失敗しないための3つのコツとは?

デザートを手作りしたときなんかに余ってしまうのが、

たまごの卵白です。

管理人はよく【 シュークリーム 】を作るので、

中に入れるカスタードクリームを作るときに、

卵黄だけ使うことがよくあります。

 

するとその分の卵白が余ってしまうんですよね。

以前は、玉子焼きに混ぜたりすることはあったんですが、

より美味しく使い切る方法をずっと探していたんです。

 

そして、やっと満足いく方法を見つけたので、

今日はシェアしたいと思います。

 

その方法というのがフランス菓子の【 ラングドシャ/langu de chat 】の

材料として使うことです。

ですが、このお菓子は失敗しやすいことでも有名です。

今日は失敗しないために、失敗の原因と

成功させるための3つのコツについてもご紹介します!

それではさっそく始めましょう!

 ラングドシャの材料

今回使用したのは卵白3つ分です。

最初に材料をそろえるときには、

卵白の分量をはかります。

今回は、ちょうど90グラムでした。

その他に必要な材料としては3つあります。

用意するものは、バターまたはマーガリン、小麦粉、グラニュー糖です。

それからあれば、バニラエッセンス。

 

材料は次のようになります。

●卵白 90g
●バターまたはマーガリン 90g
●グラニュー糖 90g
●小麦粉 90g

●バニラエッセンス(あれば)

管理人の場合は、家にあるものでパパっと簡単に作りたいので、

いつもマーガリンを使用しています。

準備として全部の材料を卵と同じ分量はかって用意しておきます。

卵白の白い筋はとっておいてください。

 ラングドシャ作り方

①バター/マーガリンに砂糖を加えて白っぽくなるまで
よく混ぜ合わせる。

②卵白を3回に分けて少しずつ加え混ぜ合わせる。

③あればバニラエッセンスを数滴加える

④ふるった小麦粉を一気に加えてゴムベラでさっくりと
混ぜ合わせる。

⑤大きくて深めのグラスや軽量カップなどに絞り袋をセットして、
できたものをゴムべらで取り入れる。

ーここで180度に予熱開始。-

⑥天板にクッキングシートをしいてその上に絞り出す。
(ひとつの丸は2㎝くらい)
【重要ポイント】広すぎるかな?と思うくらいの間隔をあけること。

⑦180度のオーブンで12分焼く。

⑧焼けたら網にのせてクールダウンさせます。

冷めたら完成!

 ラングドシャ失敗の原因①

それでは、失敗の要因となりうることを思いつくだけ
箇条書きにしてみました。

●バターやマーガリンが冷蔵庫から出したばかりでかたい
●卵白が冷蔵庫から出したばかりで冷たすぎ
●混ぜすぎ
●絞り出すときのひとつの大きさが大きすぎる
●オーブンの予熱をしていない。
●焼き時間が長すぎる・短かすぎる
●焼くときの温度が高すぎる/低すぎる

 初めて作ったときの失敗談

あなたが失敗しないためにも、SIONの失敗談をお話します。

日本から大切に持ってきたお菓子作りの本を見ながら、

レシピどおりに材料を丁寧にはかって、

作ったにもかかわらず、初めて作ったときは

大失敗しました(泣)

 

「美味しくなーれ!」

と、

思いながら作っているのに、

もう、、これってどうしようもなく切ない瞬間ですよね。

 

お菓子作りには若干、人よりも経験も自信もちょぴりある管理人も、

初めてラングドシャに挑戦したときは、超悲惨な結果となりました。

その時の実際の画像がこちら↓

全部くっついちゃったんですよね。

まさに一枚岩(汗)。

あえて、あなたが同じ失敗をしないために写真をのせてみました^^

このときの失敗を招いた原因は、次の原因①と②のふたつです。

ラングドシャ失敗しないために①

まず、一つ目は

1、配置間隔のミス

つまり、ラングドシャとラングドシャが近すぎたということです。

ラングドシャは、焼いている段階で想像以上に平らに広がります。

そのために、絞り出したときに天板に並べる管轄を、

つめ過ぎてしまったことがいけなかったんです。

失敗しないためには、つめ過ぎないこと、

十分に間をあけることが大切です。

ラングドシャ失敗しないために②

ふたつ目は、

2、ひとつ当たりの分量ミス

このときはひとつが大きすぎました。

ひとつ当たり、どれくらいの分量を絞り出せばいいのか、

これもわからなかったため、絞り袋の中のものを

全部使い切りたいという思いも思って、

出し過ぎていたんです。

 

それが広がって、一枚の瓦みたいになってしまいました。

とはいえ、見た目は悪いですが、味はめちゃめちゃ美味しかったんで、

何度もトライするモチベーションにつながったんですよね。

 

何度か作って、今では大きさをどのくらいにすればいいかが

わかるようになりましたが、絞り出すときには、

2㎝くらいの大きさにするようにしましょう。

失敗しないためのコツ

オーブンの機種によって、焼き上がりが早かったり、
むらになったりすることがあります。

失敗しないためにも、焼き始めて10分くらい経過したら、
オーブンの中の様子をチェックするようにしてください。

まわりが茶色くなっていたら、出来上がりのサインですので、
取り出して網の上で余熱をさまします。

最初はやわらかくても、冷めてくるとカリッとしてきますよ^^

そして、最後に長く美味しさをキープするために、

しけらないように密閉容器などで保管してください。

 

丁度いい焼き加減は、何度か焼いてみて

お好みの焼き具合を見つけて下さいね。

 

そして、重ね重ねもう一度お伝えしますが、

ひとつめでもお話した通り、隣としっかり離すようにしましょう。

まとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

卵白を使い切るレシピ の【ラングドシャ】について

いかがでしたでしょうか。

味は太鼓判ですから、ぜひトライしてみて下さいね!

Have a nice day!

関連記事

  1. 【ナンプラー】がないときの代用品は?家にあるもので代用する節約方法♪

  2. 【ホットケーキミックス】の作り方 粉がないときお家にある材料で簡単♪混…

  3. 失敗しないカスタードクリームの作り方◇失敗しないコツと失敗しても蘇らせ…

  4. 焼き豚レシピ♪圧力鍋で簡単に美味しく作れる♪放置料理のすすめ

  5. 【キムチ】の簡単な作り方 海外で手に入る食材で自家製節約レシピ

  6. 【ミニアメリカンドック】の作り方◆簡単で美味しい♪家族が喜ぶ人気レシピ…

  7. 失敗しない【リンゴタルト】の作り方◇リンゴ消費におすすめ♪

  8. 賞味期限が切れる!卵の大量消費におすすめレシピ7選